夢占い「窓を開ける」夢の診断結果11選

夢占い「窓を開ける」に関する夢の診断結果

あなたは、「窓を開ける」夢を見たことはありますか?

窓を大きく開けたり、開けようとしても開かなかったり、窓を開けて窓から家に入ったり・・・。

この夢にはどんな意味があるのでしょうか?

今回はこの「窓を開ける」夢を、夢占いで診断していきます。

Sponsored Link

 

「窓を開ける」夢占いの基本的な意味

窓を開ける夢は基本的に、「やる気がみなぎっている」ということを暗示しています。

今のあなたは何事にも積極的になれそうですね。

そして窓をどう開けるかなどによって、夢占いの解釈が変わってきますので、詳しく見ていきましょう。

 

「窓を開ける」に関する具体的な夢占い

大きく窓を開ける夢

大きく窓を開ける夢は、「素直で積極的になれる」ということを暗示しています。

今のあなたはとても積極的な気持ちになっていて、恐れることなく物事立ち向かえそうです。

またこの時期は、よい人脈にも恵まれそうですよ。

 

鍵を開けて窓を開ける夢

鍵を開けて窓を開ける夢は、「かたくなな考えから解放される」ということを暗示しています。

固定概念に囚われすぎて、必要以上に物事を拒絶してきたのかもしれませんが、今後は徐々に色々なことを受け入れられるようになりそうですよ。

 

窓を開けて気持ちの良い風が入ってくる夢

窓を開けて気持ちの良い風が入ってくる夢は、「停滞していたことが動き出す」ということを暗示しています。

考え方や物の見方に柔軟性が出てきそうです。

そして、行き詰まりを感じて中断していた仕事や勉強などが、スムーズに進み始めそうな予感ですよ。

 

窓を開けたら美しい景色が広がっている夢

窓を開けたら美しい景色が広がっている夢は、「あなたの未来は明るい」ということを暗示しています。

取り組んでいることがあれば、それは注目を浴び、良い評価を得られそうな予感です。

対人面でも、良い関係を築ける人物と出会えそうです。

今は積極的に行動するとよい時期ですね。

 

窓を探して開ける夢

窓を探して開ける夢は、「問題を解決しようと積極的になれる」ということを暗示しています。

何か問題が起きても、あなたが積極的に動くことによって解決できそうですよ。

Sponsored Link


 

窓を開けて窓から家に入る夢

窓を開けて窓から家に入る夢は、「思いがけない幸運が舞い込む」ということを暗示しています。

ぜひ期待していてくださいね。

 

窓を開けて窓から外に出る夢

窓を開けて窓から外に出る夢は、「固定概念にとらわれず行動できる」ということを暗示しています。

あなたは自由で柔軟な対応がタイプなのでしょうか?

難しい問題や悩みが出てきても、ポジティブな方向から解決策を見出せそうですよ。

 

窓を開けて誰かが入ってくる夢

窓を開けて誰かが入ってくる夢は、「誰かにしつこくされそう」だということを暗示しています。

あなたとはタイプが違い、あまり気が合わないような人物があなたに接近しようとしているようです。

その人物によってあなたは不快な思いしそうですので、注意してくださいね。

 

開けていた窓を閉じる夢

開けていた窓を閉じる夢は、「心を閉ざそうとしている」ということを暗示しています。

対人面でトラブルでもあったのでしょうか?

人との関わりにうんざりしてしまいそうですが、無理して人に関わる必要はないので、今は自分を大切にしてあげましょうね。

 

開けていた窓を閉じて、鍵をかける夢

開けていた窓を閉じて、鍵をかける夢は、「社会との関わりを断とうとしている」ということを暗示しています。

世間に関心が薄れてしまっていませんか?

自ら孤立しようとしていることが表れています。

 

窓を開けようとしても開かない夢

窓を開けようとしても開かない夢は、「失望しそう」だということを暗示しています。

何が起きて失望してしまいそうですが、立ち直るには時間がかかりそうですね。

 

まとめ

いかがでしたか。

夢占いにおいて窓を開ける夢は、いろいろな意味がありましたね。

「やる気がみなぎっている」
「素直で積極的になれる」
「かたくなな考えから解放される」
「停滞していたことが動き出す」
「あなたの未来は明るい」
「問題を解決しようと積極的になれる」
「思いがけない幸運が舞い込む」
「固定概念にとらわれず行動できる」
「誰かにしつこくされそう」
「心を閉ざそうとしている」
「社会との関わりを断とうとしている」
「失望しそう」

など、たくさんありました。

窓を開ける夢を見たら、ぜひ今回の夢占いを参考にしてくださいね。

Sponsored Link


サブコンテンツ

このページの先頭へ