夢占い「満月」に関する夢の診断結果10選

夢占い「満月」に関する夢の診断結果

あなたは、「満月」に関する夢を見たことはありますか?

月が満ちて満月になったり、満月が水辺に写っていたり、複数の満月を見たり・・・。

この夢にはどんな意味があるのでしょうか?

今回はこの「満月」に関する夢を、夢占いで診断していきます。

Sponsored Link

 

満月の夢占いの基本的な意味

満月の夢は基本的に、「運気が大きく上昇する」ということを暗示しています。

ただし満月の状態などによって、夢占いの解釈が変わってきますので、詳しく見ていきましょう。

 

満月に関する具体的な夢占い

月が満ちていって満月になる夢

月が満ちていって満月になる夢は、「徐々に運気が良くなっていく」ということを暗示しています。

今が辛い状況だとしても、やるべきことをしっかりやっていけば、運が開けていきますよ。

明るい未来が待っていますので、がんばっていきましょうね。

 

満月が昇っていく夢

満月が昇っていく夢は、「今が努力するべき時」だということを暗示しています。

目標や今がんっていることを一生懸命やり遂げた結果、あなたには明るい未来が待っているようです。

つらいことがあってもめげずに、前に進んでいきましょうね。

 

満月を拝む夢

満月を拝む夢は、「願いが叶う」ということを暗示しています。

ずっと目標としていたことや夢、希望が実現しそうな予感です。

今後も周囲の人たちへの感謝の気持ちや、思いやりの気持を忘れないことで、さらに運気は上がりますよ。

 

満月が欠けていく夢

満月が欠けていく夢は、「運気が低下する」ということを暗示しています。

運気はこれから下がりそうですが、月が満ちるようにまた運気も回復しますので、安心してください。

その間、克服すべきことや次の飛躍のための準備をしましょう。

 

満月が沈む夢

満月が沈む夢は、「トラブルが発生する」ということを暗示しています。

仕事や学校などで、トラブルが起きてしまいそうですね。

Sponsored Link


誰かに頼りたいところですが、援助してくれる人はいなそうなので、自力で解決していくしかなさそうです。

 

水面に満月が映っている夢

水面に満月が映っている夢は、「ケアレスミスに注意」ということを暗示しています。

些細なミスをしてしまいそうですが、焦らないで取り組むことで回避できそうですよ。

また、「恋愛運が低下する」という暗示もありますが、こちらも焦らないことですね。

 

満月の近くにいる夢

満月の近くにいる夢は、「恋愛運が上昇する」ということを暗示しています。

新しい出会いというよりは、今の恋が良い方向へいくというニュアンスですね。

 

大きな満月の夢

大きな満月の夢は、「大きな幸運が訪れる」ということを暗示しています。

驚くような、大きな幸運がやってきそうです。

努力して得たというよりは、棚ぼた的なニュアンスですね。

 

満月が複数出る夢

満月が複数出る夢は、「かなり運気が強まっている」ということを暗示しています。

出てきた満月の数が多ければ多いほど、大きな幸運を得られそうですよ。

思ってもみなかった幸運に驚くことでしょう。

 

満月と太陽が並ぶ夢

満月と太陽が並ぶ夢は、「重大な選択をする」ということを暗示しています。

仕事や進路のことでしょうか?

あなたの人生を左右する大きな選択が迫ってきそうです。

焦らずじっくり考えれば、自然に正しい選択をできますよ。

 

まとめ

いかがでしたか。

夢占いにおいて満月の夢は、いろいろな意味がありましたね。

「運気が大きく上昇する」
「徐々に運気が良くなっていく」
「今が努力するべき時」
「願いが叶う」
「運気が低下する」
「トラブルが発生する」
「ケアレスミスに注意」
「恋愛運が低下する」
「恋愛運が上昇する」
「大きな幸運が訪れる」
「かなり運気が強まっている」
「重大な選択をする」

など、たくさんありました。

「満月」に関する夢を見たら、ぜひ今回の夢占いを参考にしてくださいね。

Sponsored Link


サブコンテンツ

このページの先頭へ